HOME >  矯正歯科について

矯正歯科について

矯正歯科とは、装置を使って歯を根元から動かし、歯並びやかみ合わせを改善する歯科治療です。
歯並びが悪いこと(不正咬合)でお口の中の清掃性が悪くなってむし歯・歯周病のリスクが高くなったり、かみ合わせが悪いことで歯に過度な負担をかけてしまうことがあります。
当院では矯正歯科治療も、歯を守るための治療のひとつだと考えています。

当院矯正歯科の特徴

当院の矯正歯科は、「ごく当たり前の治療をする」ことをモットーにしています。

歯をまっすぐきれいに並べるだけではなく、歯並びと唇の調和や緊密な咬合など、自然で機能的な口元が維持されることを明確にゴールとして定めて治療しています。

当院矯正歯科の特徴

成人の矯正治療

当院の矯正歯科治療は、ただ歯をきれいに並べるだけではありません。

矯正治療中にむし歯・歯周病にならないように予防処置をおこない、舌の悪いくせ(歯を押したりするくせは歯並びに影響します)があれば治すトレーニングをおこないます。

成人の矯正治療

小児の矯正治療

成長途中の子供の歯の矯正歯科治療は、大人の矯正歯科治療とは全く性質が異なります。

またその時の歯並びの状態だけでなく、成長によって歯並びが変化することも考慮に入れる必要があり、特に永久歯が生え揃う前の1期治療は安易におこなってはならないと考えています。
お子様によって1期治療をおこなうべきか、永久歯が生え揃うまで待つべきか、両方の治療をおこなうべきかの診断が異なり、場合によっては早期に矯正歯科治療をおこなった方が良い影響を与えることもありますので、お子様の歯並びに不安があれば早めに相談にいらっしゃることをおすすめしています。

小児の矯正治療

外科矯正

外科矯正とは、顎切りの外科手術を併用する矯正歯科治療のことです。

上顎骨と下顎骨の三次元的な位置関係のズレが大きい顎変形症では、外科手術によって顎全体を移動させる処置が必要になります。
当院は自立支援医療(更生・育成医療)指定機関および顎口腔機能診断施設ですので、外科矯正を保険適用でおこなうことができます。

外科矯正

矯正治療ドキュメンタリー

当院に以前勤務していた(2005年)スタッフの矯正治療の流れをドキュメンタリーとして説明しています。
ドキュメンタリーでは、矯正治療の流れのみ説明しています.現在の矯正治療では来院された全ての方に最初にむし歯・歯周病のリスク検査を受けていただき、リスクが軽減されてから矯正治療を開始しています。

矯正治療ドキュメンタリー

失敗しない矯正治療

私たちは、矯正歯科治療で患者さんの歯並びをきれいにしてよく噛めるようにすることも、歯を守ることにつながると考えています。

しかし矯正歯科治療は治療期間がとても長く、費用も高額となる歯科治療です。何度もやり直すことは望ましくありませんので、当院では矯正歯科治療を失敗しないために必要な検査や診断はしっかりとおこない、不必要・不十分な治療はおこなわないように方針を定めています。

失敗しない矯正治療