HOME >  医院案内 >  スタッフ紹介

スタッフ紹介

患者さん・お子様に付き添われる親御さんにとって、担当医との相性はたいへん気になることの一つだと思います。当医院の医師は、いつでも患者さんの味方であることを目標とし、信頼関係を結べるように努力しております。

歯科医師の紹介

晝間 康明(ひるま やすあき)

YASUAKI HIRUMA / 院長・矯正専門医・歯学博士

院長 矯正専門医・歯学博士 晝間康明

矯正歯科治療は第2世代に突入したと思います。第1世代(父の世代)の矯正歯科医はどんな力を加えれば歯が動くのか、歯はどこまで動くのか、どこに動かしてはいけないのか、どんな歯並びが口元と調和のとれた美しさを生み出すのかを探求した世代だと思います。また患者様にとっても、矯正歯科に対する認知度が低く矯正歯科でどんな変化が起こるかわからなかった時代だと思います。

そして今、多くの患者様はより高いレベルで口元の美しさ、精神的肉体的健康を求めていると考えています。私たち第2世代の矯正歯科医は、より多くの患者様に高い満足を得ていただくために、第1世代の矯正歯科医が見つけ出した答えに更なる検討を加え、より高い矯正歯科治療技術を提供していく使命があると考えています。当医院はリニューアルに伴い新たな1歩を踏み出しました。

インタビュー/院長・晝間康明

経歴
1994年 日本歯科大学 卒業
1998年 新潟大学大学院歯学研究科 修了(歯学博士)
同年 新潟大学歯学部矯正科 入局
2004年 新潟大学歯学部矯正科 退局
同年 ひるま矯正歯科 勤務
【医局員時代】
医局時代の院長 医局時代の集合写真 医局時代
クリックすると拡大写真が見られます
<資格>
日本矯正歯科学会認定医 / JBO 認定歯科矯正専門医
<所属団体>
与五沢矯正研究会 / 日本矯正歯科学会 / 顎変形症学会 / 日本矯正歯科協会 / 顎関節症学会

晝間 直未(ひるま なおみ)

NAOMI HIRUMA / むし歯・歯周病担当医師

むし歯・歯周病担当医師 晝間直未

虫歯は予防でき、初期であれば削らなくても治せるというのが最近の学術的な考えです。それには歯科医側に予防歯科的な眼と技術が必要です。

当医院では、このたびの診療所移転を機に予防歯科や口腔衛生指導のための設備や環境を充実させました。

これまでの一般歯科臨床の経験を活かして、虫歯予防、歯周病予防など口腔ケアを重点に、矯正歯科医と一般歯科医のコラボレーションによって矯正治療の質の向上に貢献できるよう、縁の下から協力していきたいと思います。

経歴
1995年 日本歯科大学 卒業
1995年 幾野歯科医院(新潟) 勤務
1997年 幾野歯科医院 退職
2002年 安田歯科医院(大宮) 勤務
2004年 安田歯科医院 退職
同年 「ひるま矯正歯科」 勤務

浦羽 真太郎(うらば しんたろう)

SHINTARO URABA / 歯内療法専門医

歯内療法専門医 浦羽 真太郎 経歴
2011年03月 東京医科歯科大学歯学部歯学科 卒業
歯科医師免許取得
2012年04月 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科
歯髄生物学分野 入局(〜2017年03月)
2016年03月 学位取得:博士(歯学)
2016年04月 東京医科歯科大学歯学部附属病院むし歯外来 医員
2017年04月 昭和大学歯学部歯科保存学講座歯内治療部門 助教

福井 秀和(ふくい ひでかず)

HIDEKAZU FUKUI / 歯周病専門医

歯内療法専門医 浦羽 真太郎 経歴
2003年 福岡県立九州歯科大学
【現 公立大学法人九州歯科大学】
歯学部卒業
2010~
2012年
スウェーデン王立イエテボリ大学大学院
歯周病専門医課程卒業
2012年 ヨーロッパ歯周病学会
(European Federation of Periodontology)
歯周病専門医 取得

スタッフの紹介

当医院のスタッフを紹介いたします。ご不明な点は、お気軽にスタッフにお尋ねください。

スタッフ

晝間 登喜男(ひるま ときお)  TOKIO HIRUMA / 元院長・矯正専門医・歯学博士

元院長 矯正専門医・歯学博士

今さらながら矯正治療の奥深さと難しさを痛感しています。矯正治療は健全な歯と歯周組織があってはじめて可能な治療ですが、矯正治療を希望される方に 複雑な条件を持った成人が増えたことも、治療が難しくなったと感ずる理由のひとつかもしれません。

幸いアップデートな知識と技術を習得して新潟大学から戻ってきた康明(矯正医)と、予防歯科的見地から一般歯科で臨床経験を積み重ねてきた直未先生が 加わって、おかげで治療の幅が広くなり難しいケースを、一人で悩まなくても済むようになりました。

今後も、これまでの経験と若い先生たちの知識とエネルギーを糧に、患者さんはもとより矯正専門医がみても納得する治療を心掛けたいと思います。