医院のページへ 使い方 質問をする 最近の質問 ツリー表示 検索

■1513 / 3階層)  外科矯正と美容整形の境界
□投稿者/ 晝間@ひるま矯正歯科 -(2005/08/08(Mon) 15:04:45)
http://www.hiruma.or.jp
     顔貌の変形の原因が骨格性下顎前突であったとしても、することがオトガイの形成手術だけであれば、考えは先の回答で書いたとおりです。過去ログに書いたのは(今でも同じですが)、下顎前突(受け口)を一度矯正治療した人が、成長発育を終えた年齢になって、下顎前突特有の顔貌を主訴にあらためて改善を求めた場合、顎変形症の診断のもとに<術前矯正>をし<顎離断手術>の後<術後矯正>をするという、外科矯正一連の手順を踏んだ再治療を積極的に勧めます、という意味です。
     また、過去ログにもありますが、当院では<下顎前突の症例で>顎離断手術と一緒にオトガイ形成をしたケースはなく、同様にオトガイ形成だけをしたケースは一例もありません。その様な観点から、仮にtakashiさんを当院で診察した場合、オトガイ形成だけでいいという判断はまずないだろうと、経験的に思います。
     takashiさんのご質問で一点、いまいち主旨が分かりにくいのは、もしtakashiさんがオトガイ形成だけを望み、(矯正医にせよ、口腔外科医にせよ形成外科医にせよ)医師がそれだけで良しと判断したら、その手術の名前が美容整形であっても外科矯正であっても、診療名にこだわることはないように思うのですが。
     診療科名がどちらにせよ、実質それで何かが変るわけではありませんし、いずれにしても健康保険は適用されませんので、タイトルにあるような、外科矯正か美容整形かのこだわりは無用かと思います。ただ、診察を受けるのであれば、外科矯正に造詣の深い矯正医か口腔外科医、あるいは形成外科医に委ねるべきで、偏見を承知でいえば、美容整形ではない方が無難というのが回答者としての見解です。
削除キー/

前の投稿(元になった投稿) 次の投稿(この投稿の返信)
←Re[2]: 外科矯正と美容整形の境界 /takashi 返信無し
 
上記関連ツリー

Nomal 外科矯正と美容整形の境界 / takashi (05/08/07(Sun) 22:40) #1510
Nomal Re[1]: 外科矯正と美容整形の境界 / 晝間@ひるま矯正歯科 (05/08/08(Mon) 11:53) #1511
  └Nomal Re[2]: 外科矯正と美容整形の境界 / takashi (05/08/08(Mon) 13:09) #1512
    └Nomal 外科矯正と美容整形の境界 / 晝間@ひるま矯正歯科 (05/08/08(Mon) 15:04) #1513 ←Now

All 上記ツリーを一括表示
 
上記の投稿へ返信

Pass/

医院のページへ 使い方 質問をする 最近の質問 ツリー表示 検索

- Child Tree -