医院のページへ 使い方 質問をする 最近の質問 ツリー表示 検索

■1302 / 2階層)  手術方法の違いについて
□投稿者/ ひかり -(2005/04/13(Wed) 10:50:02)
    ひるま先生、お返事・ご丁寧なサイトリンク先ありがとうございました。
    なので申し訳ないのですが、私の説明に不備がありましたようなので
    もう一度伺わせてください。

    私は前記の他、開こうも伴っています。
    (ですが、歯はそろっていて見た目は開こうに見えません。
    前から見てる分には、開いている部分は無く
    普通の人は私が開こうとは思わない状態です。)
    以上から、今現在の私の症状は、オーバージェット(+5ミリ程)、オーバーバイト(見た限りでは前述のようにどのくらいなのか分かりません)と言うことになるようです。
    加えてオトガイがないのと、顎が引っ込んでいるのに顔が細長いのが私の顔です。
    (なので、普通に考えると、これで顎を出すなんて恐ろしいと感じます)

    そこで、前回の二通りの方法ですが、
    ?回転させて下顎を出す(必要あれば更にオトガイも形成)
    ?下顎を出して中抜きしてオトガイを出す

    ?は私の下顎の角度が直角に対して平均より下方向に角度が拡大しているので、
    それを上方向に回転させて平均に近づけるということらしいのです。
    とすると、その分、顔の縦幅は短くなると考えてよろしいのでしょうか?
    ただ、私の場合、下顎前突のように顎を短くするわけではなく、
    下顎を出しつつ上方向に回転させるので(その分顔は長くなりますよね)顔の縦幅は変わらないのでしょうか?
    それと、結局、顎を上方向に回転させるというのは、開こうだから必要な方法なのでしょうか?
    開こうじゃなければ、顎の下方向への角度が大きくても回転させると言うのはありえないのですか?

    ?下顎を出してから、オトガイの部分のみ中抜きして出す。
    これは、回転させると後戻りのリスクが高くなるからオトガイの部分だけ短くして出せば顔は長くならないということのようです。
    上の?とは逆に、開こうがあっても、上方向に回転させずに、ただそのままの方向に延長することが可能なのでしょうか?
    確かに、普通のポッカリと穴が開いた開こうとは違って、私の場合、自分で少し顎を出すと簡単に噛みあいます。(変な顔になりますが・・・)
    なので、これでも開口というんだなという感じです。

    ちなみに、?の場合でも、必要ならオトガイ形成もするそうです。

    なので、この二通りの方法の違いを教えて下さい。
    後戻りというリスクの回避だけなのでしょうか?
    もしそうならば、回転させるという?の存在理由がわかりません。

    なので、私は見た目に違いが出るのではないかと思ったのですが・・・。

    ?の方法のように回転させると、正面から見た場合
    逆三角のような顎がベース型になり、
    ?の方法だと、逆三角のまま短くなると言った感じでしょうか?
    また、オトガイの形成の仕方によって(上向き・下向きなど)
    ?でも?の方法でも同じ形にすることが出切るのでしょうか?
    正面顔に違いが出るのかどうかが気になっています。
    でも、どちらの方法でも同じ形になるのなら、リスクの少ない方を選びたいと思っています。

    私は、顔が細長くて(特に矯正をしてからさらに細くなりました)
    どこにも凹凸がない顔で、顔・口元の肉が下にたるんでもたついていしまいます。
    横顔は、見た目はバードフェイスで出っ歯に見えます。
    (でも、前歯の骨は出ていないようなのですが)
    私にとっては、横顔ももちろん気になりますが前から見た顔の印象が
    何より気になってしまいます。
    横顔は、自分でも写真やパソコンで多少はイメージもつかめるものですし、
    レントゲンの写真や平均値との比較データも横顔のものは見せていただいて話を聞けるのですが、
    正面からのものはあまり見たことがありません。
    正面から見た顔はどう変わってしまうのか・・・というのは分からないものなのでしょうか?
    大体のもので良いので、術後の正面顔(写真)を予想してくれる病院はないのでしょうか?
    いくつかの症例写真を見てみると、横顔のデータ上の理想の位置と正面顔の美しさは必ずしも一致するものばかりでないように思うので不安なのです。
    もし、横顔が良くなった分、逆に正面顔おかしくなったら・・・と。
    特に、顎を出すパターンなので。

    それと、最後に全く違う質問なのですが、顎変形の手術は、
    一人の医師にするとどれくらい症例数があれば、一般的に任せていいのでしょうか?(もちろん人によって多くても少なくても腕とは無関係の方もいらっしゃるとは思いますが)10人くらいじゃ少ないですか?
    病院のデータでは、年間症例数しか載っていないので、一人あたりのこれまでの経験数が知りたいです。
    是非、教えて下さい。

    長々と書いてしまいましたが、要約しますと
    1・手術方法による見た目の違いについて
    2・術後の正面の風貌を予測してくれる病院の有無?
    3・医者個人の顎変形手術の症例数について


    パソコン上から度々恐縮でございますが
    教えて下さい。
    宜しくお願いいたします。

削除キー/

前の投稿(元になった投稿) 次の投稿(この投稿の返信)
←Re[1]: 手術方法の違いについて /晝間@ひるま矯正歯科 →Re[3]: 手術方法の違いについて /晝間@ひるま矯正歯科
 
上記関連ツリー

Nomal 手術方法の違いについて / ひかり (05/04/10(Sun) 21:45) #1294
Nomal Re[1]: 手術方法の違いについて / 晝間@ひるま矯正歯科 (05/04/11(Mon) 15:03) #1297
  └Nomal 手術方法の違いについて / ひかり (05/04/13(Wed) 10:50) #1302 ←Now
    └Nomal Re[3]: 手術方法の違いについて / 晝間@ひるま矯正歯科 (05/04/13(Wed) 17:48) #1305
      └Nomal Re[4]: 手術方法の違いについて / ひかり (05/04/13(Wed) 21:23) #1307
        └Nomal Re[5]: 手術方法の違いについて / 晝間@ひるま矯正歯科 (05/04/13(Wed) 22:24) #1308
          └Nomal Re[6]: 手術方法の違いについて / ひかり (05/04/14(Thu) 01:58) #1310

All 上記ツリーを一括表示
 
上記の投稿へ返信

Pass/

医院のページへ 使い方 質問をする 最近の質問 ツリー表示 検索

- Child Tree -