医院のページへ 使い方 質問をする 最近の質問 ツリー表示 検索

ツリー一括表示

Nomal 治療方針の違いからどこで受けるべきか迷.. /coo (17/11/19(Sun) 07:28) #4237
Nomal Re[1]: 治療方針の違いからどこで受ける.. /晝間康明@OPひるま歯科 (17/11/21(Tue) 13:08) #4238
  └Nomal Re[2]: 治療方針の違いからどこで受ける.. /coo (17/11/22(Wed) 15:24) #4239
    └Nomal Re[3]: 治療方針の違いからどこで受ける.. /晝間康明@OPひるま歯科 (17/11/28(Tue) 11:20) #4240


親投稿 / ▼[ 4238 ]
■4237 / 親階層)  治療方針の違いからどこで受けるべきか迷っています
□投稿者/ coo -(2017/11/19(Sun) 07:28:37)



    ひるま先生、はじめまして。
    メールセミナーは大変参考になりました。
    直接メールで送らせて頂こうと思ったのですが、上手く送れずこちらに投稿させて頂きます。

    私は40代女性です。6軒の矯正歯科(専門医または認定医)で初診カウンセリングを受け、その内、2つの矯正歯科で精密検査を行いましたが、治療方針の違いで迷っています。
    共通して言われることは、顎が狭い為上下4本抜歯が必要という事です。
    上の左右5番は銀の詰め物がしてあり、左右4番は健全な歯なので、抜歯するなら上顎はできれば5番がいいかと思っていますが、良好な結果が得られないのであれば、4番抜歯でもいいと考えています。

    上顎5番抜歯でもいいという所、6番が1ミリでも前方に動くとダメだから4番抜歯という所。
    パラタルバーを使用する所しない所。
    上顎が狭いから、クワッドヘリックス装着し側方拡大が必要だろうという所、拡大は後戻り等のリスクがあるから使わない、ブラケットだけで矯正可能という所。
    矯正の前にスプリントをいれて顎位安定させる必要があるという所。

    学派の違いで手法は異なるとお聞きしたのですが、失敗したくないという思いから、考えすぎて決められずにいます。

    精密検査を受けた2軒の方針は下記です。
    A歯科では、上は左右4番抜歯、パラタルバーで固定し、プレート型インプラントを埋入し上顎圧下、下顎を回転させて(下顎全体を前方にスライドさせる)、大臼歯のズレを正常に噛み合わせる方針。
    上の6番が1ミリでも前方に動くとダメだから
    5番抜歯ではできない、期間は2年〜2年半の予定。

    B歯科では、上は左右5番抜歯、ミニスクリューを固定元に凸凹を治し噛み合わせを作る。
    ミニスクリューをするから、5番抜歯でも可能。セルフライゲーションブラケット使用し3週間毎に調整すれば、期間は2年の予定。

    お聞きしたいのは、
    ⑴パラタルバーの使用有無で最終的に完成度や噛み合わせの安定度に違いはあるのでしょうか?

    ⑵通常は月に1度の調整と思っていたのですが、3週間毎の調整はセルフライゲーションブラケット では可能な事なのでしょうか?

    ⑶クワッドヘリックスで拡大する事はさけるべきでしょうか?

    ⑷上顎5番抜歯で可能な所と不可という所、
    先生により治療ゴールの設定が異なるのでしょうか?(5番抜歯では噛み合わせが緊密に仕上がらない等)

    ⑷名古屋市在住なのですが、近郊でひるま先生から医院をご紹介いただけないでしょうか?

    以上、長文になり申し訳ありませんが、宜しくお願いいたします。







[ □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 4237 ] / ▼[ 4239 ]
■4238 / 1階層)  Re[1]: 治療方針の違いからどこで受けるべきか迷っています
□投稿者/ 晝間康明@OPひるま歯科 -(2017/11/21(Tue) 13:08:26)
http://www.hiruma.or.jp
    coo様
    晝間康明@OPひるま歯科です.ご質問いただきありがとうございます.
    早速ですが回答させていただきます.

    あくまでも適切な診断は矯正歯科的な資料を精査してからではないと出来ない事を前提に答えさせていただきます.

    結論として,矯正歯科医の意見が分かれる原因として,coo様の不正咬合の程度に対する捉え方の違い,治療のゴールに対する違いと考えます.
    A歯科では上顎前突傾向,もしくは上顎大臼歯の固定が極めて難しいので最大限の固定と下顎の回転で不正咬合の改善を考えていると思われます.
    B歯科ではそれほど固定にシビアにならなくても改善出来ると考えているか,術後の仕上がりの質を下げる事を想定してcoo様の希望を優先とし上顎5番抜歯を可能と判断していると思われます.

    その他,いただいた質問にお答えします.
    >1.パラタルバーの使用有無で最終的に完成度や噛み合わせの安定度に違いはあるのでしょうか?
    当院ではパラタルバーを基本的に使用しません.
    パラタルバーの目的は,上顎大臼歯の近心移動の抑制,舌によりパラタルバーが押されて上顎大臼歯が圧下し下顎の回転を起こすためと思われますが,実際には思い通りに近心移動が抑制出来ずパラタルバーごと近心移動してしまう症例がある事,大臼歯の圧下はプレートタイプやアンカースクリューなどの骨固定型アンカーの方がパラタルバーより確実と感じています.したがって,私ならプレート型インプラントを使用するのであれば必要ないと考えます.

    >2.通常は月に1度の調整と思っていたのですが、3週間毎の調整はセルフライゲーションブラケット では可能な事なのでしょうか?
    当院ではセルフライゲーションブラケットを使用しておりませんが,矯正治療による歯の移動はどのような装置を使用しても歯に力をかけて歯周組織の変化を待ち,さらに新しい力をかけて移動していく治療です.従ってセルフライゲーションブラケットだからといって3週毎の調整が可能とは思えませんし,その根拠としてはエビデンスレベルの低い研究しか無く科学的な根拠はあまり無いと思われます.私であれば,成人の症例は特に変化に時間がかかるので4週間あけて歯の移動を行います.

    >3.クワッドヘリックスで拡大する事はさけるべきでしょうか?
    クワドヘリックスを利用して上顎歯列を拡大する事が出来るのは,上顎歯列が歯軸の傾斜により狭窄している場合です.そのような診断があれば拡大は可能ですが,特に狭窄していない症例にクワドヘリックスを使う事は効果がない場合や口腔清掃が困難になり口腔衛生状態が低下するので避けた方が良いと思います.

    >4.上顎5番抜歯で可能な所と不可という所、先生により治療ゴールの設定が異なるのでしょうか?(5番抜歯では噛み合わせが緊密に仕上がらない等)
    それは前述の通り大いにあると思います.
    治療のゴールについては術前にcoo様と主治医で共有しておく事が治療中の不安を取り除く事が出来ます.治療開始前に,矯正治療後の予測模型を作成してもらい確認して納得して治療を開始する事をお勧めします.
    >
    5.名古屋市在住なのですが、近郊でひるま先生から医院をご紹介いただけないでしょうか?
    私が所属している日本矯正専門医学会に登録されているかない矯正歯科医院をご紹介させていただきます.私の新潟大学矯正歯科医局員時代の大先輩の医院です.
    もしまだ受診されていないようであれば,1度ご相談されると良いかと思います.
    http://www.jso.or.jp/search/23/

    以上,資料が無い状態で回答させていただきましたので個人的な意見となりますが参考になれば幸いです.
    ご不明な点があればお気軽にお尋ね下さい

[ 親 4237 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 4238 ] / ▼[ 4240 ]
■4239 / 2階層)  Re[2]: 治療方針の違いからどこで受けるべきか迷っています
□投稿者/ coo -(2017/11/22(Wed) 15:24:55)
    ひるま先生、詳しくご説明いただきありがとうございます。
    追加での質問になりますが、宜しくお願いいたします。
    私は上顎歯列が内側傾斜により、狭窄しております。
    クワドヘリックスで拡大するという方針と、ブラケットだけでも多少拡がるから使わないという方針があり、私としてはV字歯列がU字になるのであれば、拡大した方がいいのかと思いますが、傾斜を真っ直ぐにするためだけであれば、違和感のある装置を使う必要はないのでは、、と考えてしまいます。
    現状、内側に傾斜しているのであれば、使った方がいいのでしょうか?
    使った方が矯正後のアーチはよりゆるやかなU字になるのでしょうか?

    B歯科では、精密検査の診断も2度していただいたのですが、歯の動きを見ながら、調整しながら進めるという事で、細かい部分までの説明はしていただけませんでした。
    予測模型は、表側矯正ではあまり作らないとネット情報で見たのですが、依頼して作ってもらう事は一般的な事でしょうか?

    5番抜歯では、仕上がりの質を下げる想定をしてる可能性があるとは、具体的にどのような事が考えられますか?

    プレート型のアンカーを使って圧下の方針を示されたのはA歯科1軒のみで、他医院ではスクリューを使用する方針だった為、高額なプレート型まで使用する必要があるのか、、と疑問に思ってしまいました。

    上顎圧下により下顎を回転させて、奥歯の噛み合わせのズレを正すのと、それ以外の方法(下顎奥歯を近心移動、上顎奥歯を遠心移動といった治療になるのでしょうか?)では仕上がりに差がありますか?

    私が近郊と明記してしまったのですが、可能であれば名古屋市内で先生をご紹介いただけないでしょうか?

    長文で色々と質問してしまい申し訳ございません。
    矯正はしたいのですが、失敗はしたくないと考え過ぎてしまい決められずにいますので、ご回答いただけると助かります。

[ 親 4237 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 4239 ] / 返信無し
■4240 / 3階層)  Re[3]: 治療方針の違いからどこで受けるべきか迷っています
□投稿者/ 晝間康明@OPひるま歯科 -(2017/11/28(Tue) 11:20:56)
http://www.hiruma.or.jp
    coo様
    晝間康明@OPひるま歯科です.
    追加の質問にお答えします.

    > 私は上顎歯列が内側傾斜により、狭窄しております。
    > クワドヘリックスで拡大するという方針と、ブラケットだけでも多少拡がるから使わないという方針があり、私としてはV字歯列がU字になるのであれば、拡大した方がいいのかと思いますが、傾斜を真っ直ぐにするためだけであれば、違和感のある装置を使う必要はないのでは、、と考えてしまいます。
    > 現状、内側に傾斜しているのであれば、使った方がいいのでしょうか?
    > 使った方が矯正後のアーチはよりゆるやかなU字になるのでしょうか?
    当院ではスタンダードエッジワイズテクニックにより治療を行い,そのプロセスにおいて角ワイヤー(レクトアンギュラーワイヤー)を使用します.レクトアンギュラーワイヤーを使用するのであれば傾斜する歯の傾きを改善しながら歯列の拡大は可能なので当院では基本的に使用しません.
    従ってクワドヘリックスを使用するかどうかは主治医の矯正治療テクニックによるものとお考え下さい.
    *レクトアンギュラーワイヤーについて http://www.hiruma.or.jp/ortho/flow/documentary18

    > B歯科では、精密検査の診断も2度していただいたのですが、歯の動きを見ながら、調整しながら進めるという事で、細かい部分までの説明はしていただけませんでした。
    > 予測模型は、表側矯正ではあまり作らないとネット情報で見たのですが、依頼して作ってもらう事は一般的な事でしょうか?
    私はそのような情報を知りませんし,大学病院の矯正歯科学教室でも診断前には必ず予測模型を作っていましたので予測模型の製作は特殊な事ではないと思っています.

    > 5番抜歯では、仕上がりの質を下げる想定をしてる可能性があるとは、具体的にどのような事が考えられますか?
    歯のサイズの違いにより,咬頭嵌合(歯の山と谷がしっかり噛み合うなど)が理想的な状態に比べて不足する可能性や,前歯が後退しきらずに上下顎前歯の前後的なズレが残るなどが考えられますが,個々の症例によりかなり差があるので主治医の説明を十分にお聞き下さい.


    > 上顎圧下により下顎を回転させて、奥歯の噛み合わせのズレを正すのと、それ以外の方法(下顎奥歯を近心移動、上顎奥歯を遠心移動といった治療になるのでしょうか?)では仕上がりに差がありますか?
    これも個々の症例によって異なりますが,上顎を圧下しない場合には下顎が回転して下顔面が長くなる場合があります.

    > 私が近郊と明記してしまったのですが、可能であれば名古屋市内で先生をご紹介いただけないでしょうか?
    その他であれば愛知学院大学歯学部附属病院が良いかと思いますが,面識のある先生がおりませんので個別でのご紹介が出来ません.

    以上,回答とさせていただきますがご不明な点があれば再度ご質問下さい.
[ 親 4237 / □ Tree ] 返信 削除キー/


Pass/

医院のページへ 使い方 質問をする 最近の質問 ツリー表示 検索

- Child Tree -