HOME >  矯正歯科について >  矯正治療ドキュメンタリー >  ドキュメンタリー矯正治療 / ステップ30

ドキュメンタリー矯正治療 / ステップ30

口腔内模型

歯列の形態や咬合状態を確認する際、唇則からしか見ることができません。そこで、口腔内の状態を様々な角度から確認するために口腔内模型が必要になります。口腔内模型を用いて観察することにより、歯の裏側(舌側)からの咬合状態の確認や上下歯列の正確な位置関係が把握できます。

口腔内模型 正面

口腔内模型 右

口腔内模型 左

口腔内模型 上顎

口腔内模型 下顎

口腔内模型 右側臼歯部舌側

口腔内模型 右側臼歯部舌側

口腔内模型 前歯部舌側

口腔内模型 前歯部をやや下方から


BACK