HOME >  矯正歯科について >  矯正治療ドキュメンタリー >  ドキュメンタリー矯正治療 / ステップ19

ドキュメンタリー矯正治療 / ステップ19

実際のアンテリアリトラクション

それでは、ドキュメンタリー矯正治療における実際のアンテリアリトラクションを見てみましょう。
口腔内には、V-loopが曲げこまれた角ワイヤーが装着されています。

V-loop開始前

クリックすると拡大写真が見られます

 奥歯からループに力をかける

ループが開いています

このフックを利用して、奥歯からループに力をかけています

V-loop開始から3ヶ月後

クリックすると拡大写真が見られます

 ループが閉じながら前歯が後退。すき間が狭くなる。

ループが閉じながら前歯が後退し、すき間が狭くなっています

クリックすると拡大写真が見られます

V-loop開始時
V-loop開始から3ヶ月後
V-loop開始時 写真1
V-loop開始から3ヶ月後 写真1
V-loop開始時 写真2
V-loop開始から3ヶ月後 写真2
V-loop開始時 写真3
V-loop開始から3ヶ月後 写真3
V-loop開始時 写真4
V-loop開始から3ヶ月後 写真4
V-loop開始時 写真5
V-loop開始から3ヶ月後 写真5

アンテリアリトラクションについて、御理解頂けたでしょうか?

アンテリアリトラクションは、矯正治療後の前歯の位置を決める重要なステージです。
前歯の位置は、口元の突出感の改善や口の閉じやすさに強く関連します。

すなわち、Eラインより口元がでている患者さんの前歯をアンテリアリトラクションにより後退させることにより、Eラインの内側に口元が入る美しい横顔を生み出します。

また、前歯が突出していることで口が閉じられない方は、アンテリアリトラクションにより前歯を後退させることにより、矯正治療後に口が閉じやすくなります。

アンテリアリトラクションによって、前歯をどこまで後退するかは、口元のバランスに大きな影響を及ぼし、矯正治療の結果や患者さんの満足度に大きく影響すると言えるでしょう。

しかし、アンテリアリトラクションによる前歯の後退量は、キャナインリトラクションが終了した時点で、ほとんど決まっています。
一方、キャナインリトラクションまで予定通り治療が進んでいたとしても、アンテリアリトラクションでバランスを崩し充分に前歯を後退することができなくなる場合もあります。

矯正治療の方針は、患者さんの希望や口元のバランスから、前歯をどこに位置づけるのかであると言っても過言ではありません。

前歯の位置を最終的に決定するのが、今回解説したアンテリアリトラクションです。

BACK