HOME >  矯正歯科について >  矯正治療ドキュメンタリー >  ドキュメンタリー矯正治療 / ステップ10

ドキュメンタリー矯正治療 / ステップ10

今回から矯正治療の進め方について説明します。

矯正治療の進め方には大きく分けて4つのステップがあります。
その4つのステップとは


1.レベリング 2.犬歯の移動 3.前歯の移動 4.仕上げ

となります。
ステップであるレベリングについて説明します。

治療開始時

治療開始時

レベリング

1.レベリング

犬歯の移動

2.犬歯の移動

前歯の移動

3-1.前歯の移動

前歯の移動終了(すき間が閉じる)

3-2.前歯の移動終了(すき間が閉じる)

仕上げ

仕上げ

レベリングは何のためにおこなうのでしょうか?

レベリングでは、歯の上下のずれ、傾斜、捻じれ(捻転)などを取り除いていきます。
また、咬合平面のゆがみ、アーチフォームのゆがみをとっていきます。
そして、その後におこなう犬歯の移動や、前歯の移動をスムーズにおこなえるようにするのです。いわば、矯正治療を進めていく上での土台づくりです。
レベリングでは、歯列のすき間は積極的にコントロールしません。
期間は4~6か月くらいかかる場合が多いようです。

では、図を使って説明していきましょう。

理想的なかみ合わせの模型を撮影したものです。

理想的なかみ合わせの模型 上顎

理想的なかみ合わせの模型 右理想的なかみ合わせの模型 正面理想的なかみ合わせの模型 左

理想的なかみ合わせの模型 下顎


  歯列

理想的なかみ合わせでは、歯根は噛む面に対して直立していて、かつ歯根と歯根の間隔がバランス良く並んでなくてはなりません。


      上顎 下顎

噛む面から見た状態では、歯が連続して放物線状(アーチ状)に並んでいなくてはなりません。


  正面から見て一直セインになるよう装置を装着

歯がきれいに並んだ後、正面から見て一直線になるよう装置を装着します。


   左右対称のアーチ型になるよう装置を装着

歯がきれいに並んだ後、噛む面から見て装置が左右対称のアーチ型になるよう装置を装着します。


   歯が傾斜している

レベリングをおこなう前は、この様に、歯が傾斜しています。


    歯が転位、捻転している

歯が内側や外側に飛び出していたり(転位)、捻転しています。


BACK