HOME >  矯正歯科について >  矯正治療ドキュメンタリー >  ドキュメンタリー矯正治療 / ステップ15

ドキュメンタリー矯正治療 / ステップ15

症例で見る犬歯の移動

それでは、実際の症例で犬歯の移動を見ていきましょう。

・犬歯移動開始前と犬歯移動終了後の上顎歯列、下顎歯列を噛む面から見てみましょう。

クリックすると拡大写真が見られます

犬歯移動開始前の上顎
犬歯移動開始前の上顎
犬歯移動開始前の下顎
犬歯移動開始前の下顎
犬歯移動終了後の上顎
犬歯移動終了後の上顎
犬歯移動終了後の下顎
犬歯移動終了後の下顎

今回の症例では、上顎の犬歯は上顎骨に対して左右対称の位置にあり、上顎の歯列をより後方に移動する必要もないと診断したので、上顎犬歯を遠心移動する必要はありませんでした。

しかし、下顎の犬歯は上顎犬歯に対して前方に位置しています。

そこで、レベリング終了後の上顎犬歯の位置に合わせて、下顎の犬歯を後方に移動しました。また、上顎にはオープンコイルとパワーチェーンが入っていますが、これは上顎前歯部のスペースを閉じるために入れています。

クリックすると拡大写真が見られます

上顎の正中離開を閉鎖するためにパワーチェーンを装着

パワーチェーンを装着

上顎の犬歯後方(遠心)にスペースは無く、
左右対称に位置しているので移動する必要はない

下顎の犬歯は、上顎に対して前方に位置しているので、
オープンコイルにより犬歯を後方に移動する

犬歯移動の反作用で、下顎前歯部のスペースを閉鎖する

犬歯移動の反作用で、下顎前歯部のスペースを閉鎖する

理想的な犬歯の位置関係
理想的な犬歯の位置関係

上顎の犬歯に対して下顎の犬歯が前方に位置している
ドキュメンタリのケースでは、
上顎の犬歯に対して下顎の犬歯が
前方に位置している

クリックすると拡大写真が見られます

犬歯の移動開始 右側 犬歯の移動開始 正面 犬歯の移動開始 左側
犬歯の移動開始

↓

犬歯の移動から1か月 右側 犬歯の移動から1か月 正面 犬歯の移動から1か月 左側
犬歯の移動から1か月

↓

犬歯の移動終了・犬歯の移動から4か月 右側 犬歯の移動終了・犬歯の移動から4か月 正面 犬歯の移動終了・犬歯の移動から4か月 左側
犬歯の移動終了・犬歯の移動から4か月

理想的な犬歯の位置関係
理想的な犬歯の位置関係

ほぼ理想的な犬歯の位置関係
犬歯の移動により、
ほぼ理想的な犬歯の位置関係になった

Dr.ヤスアキのほっと一息

クイズ:犬の歯は全て犬歯である!ホントかウソか?

答え:ウソ

犬も人間と同様に、切歯・犬歯・臼歯(前臼歯・後臼歯)に分かれています。しかし、犬の歯の中でも最も発達しているのは犬歯です。今度機会があったら犬くん(ちゃん?)に口の中をじっくり見せてもらいましょう。

犬は狼を祖先にもつ肉食動物であるため、牙である犬歯が発達しているのです。
また、草食動物のように、臼歯で食べ物をすり潰せないために、臼歯も咬合面が平ではなく尖っています。

犬は狼を祖先にもつ肉食動物


BACK