HOME >  医院案内 >  インタビュー[患者さん編] >  インタビュー13/Aさん「上突咬合・過蓋咬合・叢生歯列」

インタビュー13/Aさん「上突咬合・過蓋咬合・叢生歯列」

BACK

「夢だった海外留学、矯正治療中でも叶えられた」

Aさん「上突咬合・過蓋咬合・叢生歯列」

矯正治療を始めようと思ったきっかけを教えてください

上の前歯が下の前歯にかぶさるように前に出ている歯並びがずっと気になっていたのに加え、偏頭痛や肩こり、顎の関節もガクガクしてはれたりなど、トラブルが絶えませんでした。これらのトラブルは歯並びが原因なのではと思い、大学入学後、本格的に病院探しを始めました。

自宅近くのかかりつけの医院や、大学の近くの医院などを調べて相談に行ってみたのですが、雰囲気が合わなかったり、先生の説明に納得できなかったりで、なかなかこれという所にめぐりあえず…。先生によって言うことも違い、だれを信じていいのかという感じでかなり悩みましたね。

ひるま矯正歯科はどのようにして知ったのですか

自分が求める条件に合う矯正歯科を探せる検索サイトで、ひるま矯正歯科を知りました。初診に行ってみると、先生がとてもくわしく歯の状態を見てくれ、肩こりや偏頭痛、顎のトラブルについても真剣に考え、専門の病院まで紹介してくれて…。親身で的確なアドバイスをもらえる医院にやっと出会えた! という感じで、ひるま矯正歯科で治療を受けようと決めました。

治療はいかがでしたか

矯正装置をつけてから1~2週間は、思いのほか痛くて、固いものが食べられませんでした。おかゆがあまり好きではないので、パンなどやわらかくておなかが満たされるものを意識して口にするようにしました。矯正治療の経験があるスタッフの方から「こんなものを食べるといいよ」と教えてもらったりもして、心強かったです。

抜歯は第一小臼歯を2本と第二小臼歯を2本。歯を抜かずにインプラントアンカーを使う方法もありましたが、歯並びが後戻りしやすいということで、先生から、最終的に抜歯を勧められました。できれば歯を抜かずに治療したかったのですが、抜歯が必要な理由が納得できたので、了解しました。抜歯は、生まれて始めての経験。最初のときは、こわくて不安で、年甲斐もなく泣いてしまいました(笑)。

治療中に海外留学されたそうですね

治療の真っ最中だった大学3年の8月から半年間、オーストラリアに留学しました。以前から晝間先生に、「留学すると、その分だけ治療期間がのびるのであまりおすすめしませんよ」と言われていたのですが、夢のひとつだった留学を、矯正を理由にあきらめたくはありませんでした。そのことを正直に話したら、先生も理解してくださったんです。留学してもよい時期などをメールで相談し、そのたびに親身なアドバイスをいただきました。とても心強かったです。

留学先では、矯正装置ははずしたのですか

矯正装置ははずし、晝間先生の指導のもと、ソフトリテーナーを使いました。ソフトリテーナーは、食事と歯磨きの時にはずし、自分で管理。晝間先生が「英語のかつぜつが悪くなると思ったら、一時的にはずしてもいいですよ」と言ってくれたので、その時の状況で判断しながら使いました。留学によって治療期間はのびてしまいましたが、あの時期におこなって良かったと思いますし、いろいろ相談にのってくれた先生には今でも感謝しています。

治療を終えて、いかがでしたか

治療期間はトータルで3年8ヵ月。留学に加え、私の場合、歯が動くペースが遅い体質だったようで治療がなかなか進まず、後半はかなりヤキモキしていましたね。先生にも「あとどれくらいかかりますか?」としつこく聞いていました(笑)。それだけに、装置がはずれた時は、本当にすっきり。友だちとご飯を食べながら「歯を磨きたいな~」と気になったり、ワイヤーに食べ物がひっかかったりなどのモヤモヤが、一気に晴れた感じです。

歯並びがよくなったことによって、自分では気づかなかったのですが、親戚や友だちから「顔が小さくなったね」と言われました。治療が進むにつれて、偏頭痛や肩こり、顎の腫れなどのトラブルも、だいぶ減ってきました。

現在はどのように通院していますか

2ヵ月に一度、クリーニングをしてもらっています。定期的に通うことによってむし歯などにも早く気づくので安心ですよね。歯並びがよくなった分、今まで以上に歯をきれいに保っていきたいという思いも強くなり、一般歯科でも定期的に診ていただいています。歯のケアに対する意識もさらに高まり、毎日タフトブラシ、フロス、歯間ブラシを使って念入りにケアしています。

ひるま矯正歯科で治療をしてよかったですか

本当によかったです。白が基調の清潔な雰囲気もいいし、先生が、いいことも悪いことも何でも正直に話してくれ、治療法についてもくわしく説明してくれるので、長い治療期間中も、モチベーションを保てました。直してほしいところですか? 人気の医院でなかなか予約がとれないので、もう少し予約がとりやすくなったらいいなと思います(笑)。

矯正治療って、時間もお金もかかるので、最初の1歩を踏み出すのがものすごく大変ですよね。でも、いつまでも踏み出さないでいると、それだけゴールが遅くなる。まずは初診で自分の状態を知って、先生の話を聞いて、それから悩んでもいいんじゃないかなと思います。

初診時の診断:「上突咬合・過蓋咬合・叢生歯列」

今回は20代の女性であるAさんにインタビューの御協力をいただきました。
顎関節症を伴う過蓋咬合症例に対する矯正治療についての解説ですが、治療期間中に留学されて動的治療が一時中断され動的治療期間が長くなってしまった症例です。

■ 現症

顔貌所見

骨格的に上顎骨および頭蓋に対して下顎骨が後方に位置し骨格性の上顎前突傾向を認めます。しかし、アジア人では少ないオトガイの発達が良好なことで下顎の後退感は顕著ではありません。上下顎前歯が唇側に傾斜し軽度の口唇突出感や赤唇部の翻転をみとめました。

※以下より画像をクリックすると大きい画像が見れます。

顔貌

顔貌
正面観において
赤唇部が厚く見える口唇の翻転

口腔内所見

上顎歯列は下顎歯列に対して前方に位置するアングル2級で 、上顎前歯は下顎前歯の2/3近くを覆う過蓋咬合(かがいこうごう)を呈しています。また、上下顎前歯部には歯と歯が重なり合う叢生を認めます。修復歯は多数あるものの、口腔衛生状態は良好で歯の磨き残しは少なく、歯肉からの出血もありませんでした。唾液検査の結果は良好でPCR15%、BOP0%、SMスコア0、LBスコア0とう蝕・歯周病ともにリスクは低いものでした。

 治療前 上顎

 治療前 右側 治療前 正面 治療前 左側

 治療前 下顎

特記事項

問診により、全身的な問題として慢性的な頭痛、顎関節症の既往を認め、主訴(矯正治療を希望する主な訴え)は歯並びの改善だけではなく顎関節症の改善も含まれていました。パノラマX線写真では下顎頭(顎関節)の形態異常を認めました。上顎右側には第3大臼歯(親知らず)が埋伏していました。

下顎左側第2小臼歯(左下5番)が舌側(内側)に転位
下顎頭 矢頭()埋伏している親知らず

■ 治療方針

歯並びと噛み合わせの異常の原因は、上下顎骨の前後的なズレと顎骨内に歯が並びきらないことと考えました。しかし、叢生の程度は比較的軽度でオトガイも発達していること、主訴に口唇の突出感はなかったことから積極的に上下顎前歯を後退させない方針としてインプラントアンカーを利用して大臼歯を遠心移動して非抜歯による矯正治療をおこなうか、小臼歯抜歯により叢生の改善および大臼歯を近心に移動して治療する方針かで苦慮しました。

非抜歯の場合、大臼歯を遠心移動することで顎関節に近接した部位の咬合高径(かみ合わせの高さ)が大きくなり顎関節の負担が上昇する可能性があることなどから診断時にAさんと相談して抜歯による矯正治療をおこなうこととしました。また、動的治療開始前の初期治療により口腔内のPMTC、歯石除去、口腔衛生指導をおこないながら、頭痛及び顎関節症に対しては医科および口腔外科と連携しながら治療をおこなうこととしました。

抜歯部位は矯正治療開始前に上顎は第1小臼歯(左右4番)、下顎は第2小臼歯(左右5番)とし、右上8番は動的治療期間中に抜歯することとしました。動的治療期間は約30ヵ月と予測しました。

■ 動的治療開始時口腔内写真および治療経過

動的治療開始

開始後 上顎

開始後 左側開始後 正面開始後 左側

開始後 下顎

■ 動的治療開始から13ヵ月後(留学開始時)

6ヵ月間の海外留学のため、一時的に矯正装置を除去することとしました。抜歯スペースは残っているものの、動かした歯が元に戻らないように上顎には可撤式リテーナー、下顎には固定式リテーナーを装着しました。

 開始後 上顎

 開始後 左側 開始後 正面 開始後 左側

 開始後 下顎

■ 留学終了時(帰国後)

帰国され動的治療再開時は遠心移動した上顎犬歯が近心に若干戻り、前歯の被蓋は留学前に比べて深く(下顎前歯との重なりは大きく)なっていました。

 開始後 上顎

 開始後 左側 開始後 正面 開始後 左側

 開始後 下顎

■ 治療結果

動的治療期間

動的治療期間は留学期間も含めて約45ヵ月で予定の期間よりも1年以上長い期間(15ヵ月)がかかってしまいました。留学による動的治療一時中断期間は約7ヵ月でした。

顔貌所見

上下顎前歯が後退したことで口唇の突出感が減少し、口唇の翻転も改善しました。

顔貌

顔貌

口腔内所見

叢生、上下顎前歯の唇側傾斜、過蓋咬合は改善され、上下顎の全ての歯が効率よく接触する安定した咬合を得ることができました。臼歯関係はアングル2級から1級の理想的な咬合関係に改善しました。

治療後 上顎

治療後 正面治療後 右側治療後 左側

治療後 下顎

X線写真所見

パノラマX線写真所見では、歯軸は平行化され明らかな歯根吸収なども認めませんでした。下顎頭の形態異常も初診時と大きな変化はなく、安定した状態にあると思われます。

X線写真

セファロX線写真の重ね合わせにより上下顎前歯が後退し、口唇の突出感が改善し側貌における硬組織と軟組織のバランスが改善しました。

■ 考察

本症例は過蓋咬合により顎関節部に負担がかかると考えられたこと、下顎骨や関節突起が細く変形し負担に対して弱かったこと、顎関節症になりやすい10代の女性であったことなどの複合的な要因で顎関節症になっていたものと思われます。矯正治療開始前に顎関節症は矯正治療により改善するとは断言できないものの改善する可能性はあることなど十分説明し、さらに他科の医師とも連携したことにより患者さんが安心して治療を受けることができたことで特に大きなトラブルや治療中の顎関節症の発症などもなく矯正治療を終えることができました。

また、理想的には矯正治療を中断せずにおこなった方が治療期間は短くなりますが、貴重な学生時代を有意義にするためにも矯正治療を一時中断して留学を優先してもらいました。本症例のように矯正治療は期間が長い治療になりますので、患者さん個人の状況に合わせて様々な対応を検討しなければなりません。治療期間は長くなってしまいましたが結果的には良い歯並びと貴重な留学経験という大きな二つの成果を得ることができたことは素晴らしいことだと思っています。


BACK