HOME >  医院案内 >  インタビュー[患者さん編] >  インタビュー/歯科技工士・岩下貴史

インタビュー/歯科技工士・岩下貴史

「自分が納得できるものを作りたい」歯科技工士・岩下貴史

歯科技工士・岩下貴史

歯科技工士の仕事は?

 一般歯科では歯医者さんが削った歯に詰めるもの(インレー)や被せるもの(クラウン)、義歯などを作るのが仕事ですが、矯正歯科では治療前後の状態を説明する時に使う歯型模型と歯を動かす治療が終わったあと歯列が元に戻るのを防ぐための保定装置(リテーナー)を作っています。

気をつけていることは?

 期日に遅れないこと、きちんとしたものを作ることの2点ですね。歯型模型は現状を忠実に再現することに気を配り、リテーナーは患者さんが装着時に違和感を感じないよう上顎につく部分をできるだけ薄くするなど工夫をしています。インレーやクラウンは少しでもズレがあるとまた虫歯になってしまうので正確に作ることを心掛けています。

嬉しいことは?

 歯は、一人一人皆色が違います。色番号では表せない微妙な色や透け具合など本物の歯のように作ることができ患者さんが喜んでくださるのが一番嬉しいことです。以前一般歯科で働いていましたがとにかく時間に追われていました。ただただ作ることに必死でさらに良い状態に仕上げたいと思っても実際にはできなかった。今は本当に良いものを作りたいと考え、自分が納得できるものを作ることができます。これからも患者さんに喜んでもらえるものを作っていきます。