HOME >  MTM診療プログラム

MTM診療プログラム

当院の診療プログラムは大きく分けて2通りとなります。むし歯や歯周病の治療をしてメインテナンスで歯を守りたい方はデンタルドック、歯並びを治しメインテナンスで歯を守りたい方は矯正歯科となります。

デンタルドック

矯正歯科治療を行わない方は、むし歯・歯周病のリスクの把握と軽減,その後のメインテナンスを中心とした診療プログラムをおこないます。患者さんごとにどんなむし歯・歯周病のリスクがあるのか、どのようにすれば歯を守っていけるのかをご説明し、リスクを下げる初期治療と定期メインテナンスを行います。デンタルドックの大きな流れは以下のようになります。

  1. 初めて来院された時<システムの説明と応急処置>
  2. 現状の把握<本格的な検査>
  3. 現状の説明<検査結果と治療方針の説明>
  4. 初期治療<むし歯と歯周病のリスクをさげる>
  5. 再評価1
  6. 治療
  7. 再評価2
  8. メインテナンス計画の説明
  9. 定期メインテナンスの開始

デンタルドックを詳しく説明

矯正歯科

矯正歯科もMTMに基づいた診療プログラムにより診療を行うため最初に矯正の検査、むし歯と歯周病のリスクの把握と軽減から開始します。長期にわたって歯に装置を装着する矯正歯科治療中は、むし歯や歯周病のリスクが上がります。歯並びを治している間にむし歯や歯周病にかかってしまわないよう、矯正治療中もメインテナンスをおこないむし歯と歯周病のリスクを低い状態で保ちます。MTMに基づいた矯正治療の大きな流れは以下のようになります。

  1. 初めて来院された時
  2. 現状の把握
  3. 現状と治療方針の説明
  4. 初期治療<むし歯と歯周病のリスクを下げる>
  5. 再評価1
  6. 矯正治療開始
  7. 矯正治療後検査
  8. メインテナンス計画の説明
  9. 定期メインテナンスの開始

矯正歯科の流れを詳しく説明