HOME >  歯を守るMTM

歯を守るMTM

当院がMTM(メディカルトリートメントモデル)に沿った診療を導入したのは、すべての歯科治療をおこなう上でむし歯・歯周病の予防がなければどんなに良い治療をしても患者さんの歯を守れないということを日々の臨床で痛切に感じたからです。「患者さんの歯を確実に守りたい」という理想を実現するために、すべての診療はMTMの流れに沿って行われています。

当院で実践している予防プログラムは、日吉歯科(山形県酒田市)の熊谷崇先生がメディカルトリートメントモデルの概念から構築された、メインテナンスを中心とした診療システムです。

メインテナンスは、歯の悪くなっているところを見つけて治療することを目的とした一般的な<定期検診>ではなく,唾液検査や歯周病リスク検査の結果に基づき歯を悪くするリスクの段階で早期に発見して、原因となるバイオフィルムの継続的な破壊・除去や予防のための歯の管理方法を指導します。

MTMによるむし歯と歯周病予防

担当衛生士制によるMTM

当院では、実際に患者さんのお口の衛生管理をおこなう歯科衛生士は、担当制を導入しています。担当衛生士は日々の診療の中で患者さんのお口データを蓄積し、患者さん一人一人に最適な予防プログラムを提案・指導し、PMTCやスケーリングなどにより虫歯や歯周病の原因であるバイオフィルムの継続的な破壊・除去をいたします。

担当衛生士制によるMTM

MTMの基本的な流れ

当院では、来院される全ての患者さんにMTMに沿った診療をおこないます。

矯正歯科治療をおこなう方とおこなわない方で若干のプログラムの違いがありますが、応急処置を除いて、治療を開始する前にむし歯・歯周病のリスク検査とリスクを下げるための初期治療をおこなうことをご理解いただいています。

MTMの基本的な流れ