HOME >  一般歯科について >  むし歯の治療

むし歯の治療

これまでの歯科治療ではむし歯は早期に発見してむし歯以外の部分も広めに削って詰め物をしなければならないと考えられていました。しかし、歯科先進国ではこのような考え方は否定されていて、まずはむし歯の原因を取り除きむし歯の進行を止めることが最も重要であると考えられています。
そして、それでも進行してしまったむし歯に対して初めて歯を削る処置を行うのですが、その際も歯を削る量を最小限にしたり、むし歯を繰り返さないようにしなければなりません。そのために、MTMに沿った診療を早めに開始することが必要です。

レジン充填

ごく初期のむし歯は、最小限に削って歯科用プラスチック(レジン)を詰めて修復することができます。

むし歯菌に感染した部位が残っていると再発してしまうため、かつては感染した部位の周辺を大きく削って取り除いていましたが、レジンの質が良くなったこと、歯を最小限に削った方が歯を守るために有利になることが明らかになったことなどから、レジン充填が主流になりつつあります。

レジン充填

インレー

むし歯が少し進行し、形状や強度の問題でレジン充填が適さない場合には、歯を少し削って小さな補綴物(インレー)を詰めるインレー修復をおこないます。

レジン充填には限界があるため、ごく小さなむし歯でもインレー修復をおこなった方が将来的に歯を守れる可能性が高まることがあります。

インレー

クラウン

むし歯がさらに進行し、歯冠部が大きく失われてしまった場合にはインレーでは修復できません。

その場合は、歯全体を人工歯で覆うクラウン修復で歯の形態を再製します。
クラウンは歯冠の欠損修復だけでなく、歯の形態異常(矮小歯、ギザギザなど)や歯の変色などの改善(審美補綴)にも用いることができます。

クラウン