医院のページへ 使い方 質問をする 最近の質問 ツリー表示 検索

ツリー一括表示

Nomal フェイスボートランスファー /きりん (07/09/08(Sat) 20:49) #3193
Nomal Re[1]: フェイスボートランスファー /晝間@ひるま矯正歯科 (07/09/10(Mon) 13:12) #3197
  └Nomal Re[2]: フェイスボートランスファー /きりん (07/09/10(Mon) 23:58) #3200


親投稿 / ▼[ 3197 ]
■3193 / 親階層)  フェイスボートランスファー
□投稿者/ きりん -(2007/09/08(Sat) 20:49:02)
    先日、矯正前の検査でフェイスボートランスファーをしました。
    その時、装置を固定する棒状のものを、片方の耳には完全に穴の中に入れられ、
    反対側の耳は穴より少しずれたところで固定されました。
    検査中、これでいいのかなと疑問に思いましたが、検査目的も知らず、
    素人がプロの方に口を出すのも気が引け、黙っていました。
    後になって、その検査が骨格と上顎の位置関係を調べるためのものだと知り、
    不安になってきました。やはり、左右の固定場所が違うと、検査は正確には
    行われていないのでしょうか?
[ □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 3193 ] / ▼[ 3200 ]
■3197 / 1階層)  Re[1]: フェイスボートランスファー
□投稿者/ 晝間@ひるま矯正歯科 -(2007/09/10(Mon) 13:12:44)
http://www.hiruma.or.jp
     回答は正論過ぎますが、すぐにもそのことを歯科医院に伝えてください。その後とり直しなど、どう判断するかは医院側次第です。
     フェイスボウトランスファーとは、フェイスボウ(顔面弓:弓状をした太いワイヤ)を用いて、咬合器上に上顎と顎関節の位置関係を再現するために行なう操作で、その基準平面はほとんどの場合FH平面になります。FH平面とはフランクフルト・ホリゾンタル・プレーン(眼耳平面)という、人種計測学上もっとも基本となる基準平面で、具体的には両耳の穴の上縁と眼窩底を結ぶ平面になります。
     これが狂っているとどうなるか、下記のサイトに説明が載っていますので、(無断ですが)引用しておきます。参考にしてください。
    http://www.f-arts.co.jp/komura/facebow2.html
[ 親 3193 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 3197 ] / 返信無し
■3200 / 2階層)  Re[2]: フェイスボートランスファー
□投稿者/ きりん -(2007/09/10(Mon) 23:58:39)
    No3197に返信(晝間@ひるま矯正歯科さんの投稿)
    お忙しいところ参考サイトまで紹介していただき、ありがとうございました。
    このことは歯科に伝え、これからの矯正治療に不安なく臨めるようにしたいと思います。
    

[ 親 3193 / □ Tree ] 返信 削除キー/


Pass/

医院のページへ 使い方 質問をする 最近の質問 ツリー表示 検索

- Child Tree -