医院のページへ 使い方 質問をする 最近の質問 ツリー表示 検索

ツリー一括表示

Nomal デーモンシステムについて /ぐりぐり (06/03/26(Sun) 05:34) #1962
Nomal Re[1]: デーモンシステムについて /晝間@ひるま矯正歯科 (06/03/26(Sun) 13:21) #1963
  └Nomal Re[2]: デーモンシステムについて /ぐりぐり (06/03/27(Mon) 17:41) #1965 解決済み!


親投稿 / ▼[ 1963 ]
■1962 / 親階層)  デーモンシステムについて
□投稿者/ ぐりぐり -(2006/03/26(Sun) 05:34:44)
    矯正を始めたいと思っているのですが、
    色々調べるうちに、デーモンシステムと言う矯正器具を使うと
    矯正期間が短く済む、1年半が1年くらいで整う、痛みが少ない、等
    実際お使いの方からの声もネットで読みました。
    ひるま矯正歯科では、デーモンシステムを選択することはできないのでしょうか。
    器具が目立つのがデメリットを聞きますが、
    他にもデメリットはありますか? 
[ □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 1962 ] / ▼[ 1965 ]
■1963 / 1階層)  Re[1]: デーモンシステムについて
□投稿者/ 晝間@ひるま矯正歯科 -(2006/03/26(Sun) 13:21:48)
http://www.hiruma.or.jp
     いかなる矯正装置(システム)も完全無欠なものはなく、近代日本の矯正臨床40年の間にも、幾多の装置が開発されては消えていった歴史があります。デーモンシステムが今後どのような発達の推移をたどるか、あるいは消えるのかは分かりませんが、少なくとも、あるレベル以上の経験と技術を持つ矯正医のほとんどは、このデーモンシステムに関心を示していません。
     昨年11月、このシステムに関するシンポジウムが地区学会主宰で行われたので、後学のために聞きに行きましたが、得るものは何もありませんでした。この装置が矯正学的に何か画期的なものを持つわけではなく、治療の質より<(ドクター側の)効率を優先>するために開発された装置で、Dr.デーモンのオフィスの診療体制が生んだ、いかにもアメリカ的合理主義の産物という気がしました。
     このシステムのメリットとされていることや理論的背景は、今さら目新しいことではなく、むしろデメリットを専門医は指摘するでしょう。それを述べるには専門的過ぎるので省略しますが、日本人の不正咬合では、マニュアルどおりに行かないことがしばしば起こるはずで、その時の対応がこのシステムでは非常にむずかしいと感じます。
     治療の質を第一義に謳う当院としては、このシステムを導入することはあり得ません。

     参考までに、別の矯正医が似た質問に回答していますので引用しておきます。
    http://www.e-kyousei.com/cgi-bin/document/bbs/bunkyo-ku/cf.cgi?mode=all&namber=1855&rev=0
[ 親 1962 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 1963 ] / 返信無し
■1965 / 2階層)  Re[2]: デーモンシステムについて
□投稿者/ ぐりぐり -(2006/03/27(Mon) 17:41:06)
    ご返事ありがとうございました。
    素人なりに納得し、胸のつかえがとれました。
    これで安心してひるま矯正歯科におまかせできます。
    そのときはよろしくお願いします!
解決済み!
[ 親 1962 / □ Tree ] 返信 削除キー/


Pass/

医院のページへ 使い方 質問をする 最近の質問 ツリー表示 検索

- Child Tree -