医院のページへ 使い方 質問をする 最近の質問 ツリー表示 検索

ツリー一括表示

Nomal 日本帰国後の矯正の継続 /さおり (05/10/22(Sat) 16:46) #1695
Nomal Re[1]: 日本帰国後の矯正の継続 /晝間@ひるま矯正歯科 (05/10/23(Sun) 18:45) #1698


親投稿 / ▼[ 1698 ]
■1695 / 親階層)  日本帰国後の矯正の継続
□投稿者/ さおり -(2005/10/22(Sat) 16:46:48)
    現在アメリカ在住で、数ヶ月前に矯正を始めました。来年には顎の手術もする予定でいるのですが、個人的事情から途中で日本に帰国しなければいけないかもしれなくなりました。そこで質問なのですが、帰国後も手術も含めて、現在あるプラン通りに、矯正を続けることは容易なのでしょうか。日本とアメリカでは考え方なども違って、また初めからやり直しになるのでしょうか。
[ □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 1695 ] / 返信無し
■1698 / 1階層)  Re[1]: 日本帰国後の矯正の継続
□投稿者/ 晝間@ひるま矯正歯科 -(2005/10/23(Sun) 18:45:10)
http://www.hiruma.or.jp 
     さおりさんは、どんな不正咬合で外科矯正を行うのでしょうか。下顎前突、上顎前突、開咬、顎偏位などが考えられますが、そのための術前矯正は、どのような方針(たとえば抜歯の有無、本数や部位など)で臨まれているのでしょうか。
     外科矯正の手術は、いくつかあるうちのどれを選択するかになりますが、どれも基本的には世界的に違いはありません。さおりさんに対して行われている<現在あるプラン>が、特殊なものでないかぎり日本でもそのまま引き継がれることになるはずです。問題は、使われている装置で、これがその先生のテクニックになりますので、帰国後はそのテクニックの先生を探す必要が出てきそうです。
     ただ、矯正を開始して数ヶ月ということですから、テクニックが違っても通いやすい矯正医が見つかったら、装置を付け替えてしまうのも手かと思います。ご承知かと思いますが、日本では、(条件はありますが)外科矯正は矯正も手術もすべて公的保険で賄われますので、付け替えの費用を心配することはありません。
     この掲示板の[記事検索]から<外科矯正 保険>などをキーワードに検索して下さい。参考になる記事が見つかるはずです。
[ 親 1695 / □ Tree ] 返信 削除キー/


Pass/

医院のページへ 使い方 質問をする 最近の質問 ツリー表示 検索

- Child Tree -