HOME >  予防歯科について

予防歯科について

むし歯・歯周病を予防するためには、一度来院して検査や治療を受ければ大丈夫というわけではありません。
検査によりご自身のリスクをきちんと理解していただくこと、リスクを除去するPMTCやスケーリングを受けて原因であるバイオフィルムを除去すること、ご自身がブラッシングで毎日しっかりと口腔ケアを行っていると思われていてもきちんとできているか確認すること、さらにお口に合う歯ブラシやフロスなどを選び処方することが予防歯科の基本と考えています。
そして、このような診療を定期的に継続していくことが歯を守る上で最も大切です。

当院の予防歯科の流れ

当院ではMTMのコンセプトに基づいてむし歯と歯周病から歯を守る予防歯科としてデンタルドックを行っています。デンタルドックの流れは以下になります。

当院の予防歯科の流れ

むし歯のリスク検査

むし歯を予防するためには、患者さんのむし歯のなりやすさや進行のしやすさを把握する必要があります。

むし歯のなりやすさ・進行のしやすさは、唾液の量や性質が大きく関係しますので、当院ではまず唾液検査によりむし歯のリスクをチェックします。

むし歯のリスク検査

歯周病のリスク検査

歯周病の原因菌は空気のないところでしか育たないため、唾液検査のような培養試験ができないため、歯や歯肉の状態を調べる歯周組織検査によってリスクチェックをおこないます。

また、歯周病は自覚症状がないまま見えないところ(歯肉の内部、歯を支える骨)で進行していることが多いため、X線写真検査で歯と内部の骨の状態をチェックすることも大切です。

歯周病のリスク検査

PMTC

むし歯・歯周病を防ぐためには、原因となるバイオフィルムを徹底的に取り除くことが重要です。

PMTCとは、ブラッシングや洗口剤では十分に落とすことができないバイオフィルムを専門的な機器を使って徹底破壊するプロフェッショナルケアです。

PMTC

スケーリング・ルートプレーニング

歯周病もむし歯と同じくバイオフィルムの中で繁殖する細菌が原因で、原因を除去しなければ進行を止めることができません。

一般的に<歯石取り>といわれるスケーリングで歯の表面に付着したバイオフィルムや歯石を取り除き、再びバイオフィルムが付着しにくくなるようにルートプレーニングで歯の表面を滑らかにします。

スケーリング・ルートプレーニング

フッ素の使用

歯を強くするフッ素がむし歯予防に効果的なのは、お子さんだけではありません。

当院では初期治療やメインテナンスの際にフッ素洗口やフッ素塗布などにより歯を強くし、担当歯科衛生士が患者さんが使いやすいフッ素の使用法をアドバイスして、ご家庭でのセルフケアにもフッ素を使っていただいています。

フッ素の使用

ブラッシング指導

ブラッシング(歯磨き)は、ただ歯ブラシで歯をこすっただけでは十分に汚れを落とせていません。

むし歯や歯周病の原因菌をしっかりと取り除けるよう、補助的清掃用具の使い方や、お口に合った歯ブラシを使った正しい歯磨きの仕方を担当衛生士が指導いたします。

ブラッシング指導

歯の染め出し

むし歯や歯周病の原因となるバイオフィルムは、増殖し始めた初期の頃は肉眼で確認することが難しく、磨き残しをしやすいものです。

当院では染め出し検査でバイオフィルムを<見える化>して患者さんの磨き残しの状態をチェックし、磨き残しをしないためのより効果的な歯磨きの仕方をアドバイスしています。

歯の染め出し

シーラント

シーラントは、歯の噛む面の溝にフッ素が少しずつ放出されるセメントで埋めてむし歯のリスクを軽減する予防法です。むし歯菌の量が多い方や唾液量が少ない方、噛む面の溝が深い場合などに、補助的な予防処置としてシーラントをおこなうことがあります。

シーラントをおこなってもメインテナンスを継続することが大切ですので、ご注意ください。

シーラント

ダイアグノデント

当院では、削る必要があるむし歯かどうかを診断するために、レーザー光によるむし歯検知器(ダイアグノデント)を用いています。

従来の探針による検知法とは違って歯を傷つけることがありませんので、削らずにむし歯の進行を抑制できる可能性が高まりました。

ダイアグノデント